« 結局 | トップページ | 飽きて津波かぞえるの止めだった »

2011.03.11

生存表明

とりあえず家族全員無事のようです。

釜石のいとこや大船渡の親戚が心配です。
携帯電話の安否確認に登録されていないところを見ると携帯電話が使えていない?

|

« 結局 | トップページ | 飽きて津波かぞえるの止めだった »

日々の出来事」カテゴリの記事

コメント

今回はちゃぼさんには本当にお世話になりました。

釜石にいる間も何度も余震があったけど
後で東京に帰って母に聞いたら、東京でもけっこう余震があったみたいね。
海の仕事をしてる人たちは大変だったでしょうね。
助かっても船もなく、漁場もいつ回復するか分からないし。
また三陸で魚を捕れるようになるのかな。
私の母が「もうサンマやイクラを送ってもらえなくなっちゃった」って言ってました。
たしかに送ってくれる人はいなくなってしまったけれど
いつか必ず漁を再開できるようになるでしょう、
そしたら今度は私が送ろうと思います。

確かにそろそろ食傷気味になってる人も多いだろうなあ。
それでも私はことあるごとに紹介していこうと思ってるよ。
また近いうち釜石に行くことになると思うので
できるだけ伝えていこうかなと。
あとは、被災した親戚のバックアップだね。
長い戦いになるけど、がんばろう!

投稿: しのぶ | 2011.04.18 午後 07時12分

しのぶさん、一ヶ月カメレスにて失礼。

ご家族のご冥福をお祈りいたします。

うちの釜石の親類がいたところもほとんど流されました。波に飲まれて亡くなった従妹がいることが数日前にわかりました。一昔前まで漁師をしていた人たちが多かったのでみな海のそばに住んでいましたから。

大船渡の親類は少し山側だったので津波は大丈夫だったそうです。でも大きな余震があったり、なんども家の中がグチャグチャになってとても大変そうです。

たまに、もう震災の話はおなかいっぱい、という声を周囲で聞きます。
かかわりのない人たちの「たいへん」の気持ちが薄らいでいくにつれ、かかわりのある自分たちの根性の見せ所になりそうです。

投稿: ちゃぼ | 2011.04.16 午後 09時50分

さきほどはどうも。
あれから埼玉にいる親戚から電話がありました。
釜石の平田在住の甥っ子と連絡が取れたそうです。
岩手日報に勤めてるので、おそらく衛星電話でも持ってたのかな。
釜石はあまりテレビで報道してないけど
そうとうひどいらしい。
家族とも会えてなくて安否は不明、平田もほぼ壊滅だそうです。
これから盛岡へ赴任するということだけど
釜石からどうやって盛岡へ行くんだろう?ヘリしかないよね。

無駄にイライラするしかないのがつらいね。

投稿: しのぶ | 2011.03.12 午後 12時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218320/51094598

この記事へのトラックバック一覧です: 生存表明:

« 結局 | トップページ | 飽きて津波かぞえるの止めだった »